便秘のガスによる腹痛

便秘というのはただたんに便がなかなか出てくれない、というだけと思ってしまいがちですが、
ひどくなるとただそれだけでは済まない状態にもなってきます。
実際に便秘でお悩みの女性ならよくご存知かもしれませんが、便秘が原因で強い腹痛を感じる事も少なくありません。
便秘による腹痛というと、便そのものが硬くなってしまって痛みを発しているという場合もありますが、
それだけではなく、ガスが溜まってしまうことによる腹痛というのもあります。
便秘というのは腸の中に長い期間便がとどまっている状態ということになりますが、
そうなると便は腸の中で発酵してしまいガスを発してしまいます。
腸内にガスが溜まってくるとそのガスが腸の内側から腹部や臓器などを圧迫します。
内側から圧迫されることによって腹痛が発生するということですね。
人によって便秘がどのくらい続くかは異なりますが、当然長引けば長引くほどガスもどんどん溜まってしまいますから、
内側からの圧迫も強くなり、痛みも大きくなっていきます。
この腹痛をおさめるためには、原因となっているガスを出してしまう必要があります。
なんとかして便とガスを出さない限りは圧迫している力も和らぐことがないということですね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 症状・原因 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク