便秘時の腹痛(激痛)

最近は、多くの人が「便秘」に悩まされています。
その人数は年々増加しているそうです。
便秘の自覚症状としては、スッキリしない・腹部の張り・腹痛が挙げられます。
その中でも、腹痛は便秘以外の病気を教えてくれるサインとなる場合もあるので「便秘だから・・・」と軽く思わず注意が必要です。
腹痛には、生活に支障をきたすほどの激痛を生じる場合もあります。

便秘で起きる腹痛の一般的な原因は、発生したガスが便によって腸内にたまり、腸が膨張し臓器を圧迫することで起こると言われています。
また、重度の便秘ほど腹痛が起こる確率が高くなります

上記に書いたように、激痛を伴う便秘には危険な病気のサインの場合もあります。
いくつかの腹痛の起こる場所と考えられる原因の例をあげると・・・
【右上腹部】
激痛・吐き気・嘔吐がある場合、胆石症。
上記に加え高熱がある場合、急性胆嚢炎。
その他にも、肝炎・肝硬変・肝臓癌の可能性があります。

【左上腹部】
背中までの激痛がある場合、急性・慢性膵炎。
その他にも、膵臓癌・大腸癌の可能性があります。

【みぞおち】
激痛の場合、心筋梗塞・潰瘍穿孔・胃癌。
その他にも、急性・慢性胃炎・食道炎・食道・胃・十二指腸潰瘍の可能性があります。

その他の場所については、こちらを御覧ください↓
http://www.moritayakkyoku.jp/kabinsei.html

「おかしいな」と感じたら、できるだけ早く医療機関での診察を受けるようにしましょう!!

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 症状・原因 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク