便秘にはビオフェルミン

便秘を改善したいなら、やはり便秘薬に頼るというのが一番確実だと言えるのではないでしょうか。
いろんな便秘薬が販売されていますが、その中でも知名度が高いのがビオフェルミンですよね。
ビオフェルミンは昔から便秘薬として広く知られており、利用している方も多いのではないでしょうか。
ビオフェルミンが広く利用されている理由というのはいろいろあるかと思いますが、
初めて便秘薬を使う人にでも使いやすいというのはあるかと思います。
ビオフェルミンは1日の服用量が最大5錠となっていますが、
初めての方の場合であれば1錠から試してみることで、飲み過ぎて逆に下痢になってしまうということも防げます。
最初は1錠から初めて効き目を見て量を増やすことができるということですね。
ビオフェルミンが便秘を解消してくれるのはどんな働きによるものなのかというと、
有効成分としてピコスルファートナトリウムとビフィズス菌、ラクトミンという成分が効果的です。
ピコスルファートナトリウムは大腸の細菌を活性化させぜん動運動を高めてくれます。
そしてビフィズス菌とラクトミンは便を大きくしてくれる作用を持っており、便通を良くしてくれるという働きを持っています。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 便秘薬 パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク