なぜ便秘薬で辛い腹痛が起きるの?

市販の便秘薬を試された方で、腹痛が起きて辛い思いをした人は多いようですね。その原因を探ってみますと、お薬の働きによって腸を強制的に動かしますので、その反動で腹痛が起きるらしいのです。また、腸を強制的にに動かすために、便が固まる前に出てきてしまういわゆる下痢になる人もいます。

便秘薬によって確かに便秘が解消された人は多いのですが、こうした副作用というのが辛くてお薬を飲まなくなった人もいるというのですから、その痛みはかなりのものだったのでしょうね。腹痛の強さや下痢の状態には個人差があるようですが、それとは別に便秘薬を飲み続けることによっての副作用にも注意が必要でしょう。

それはつまり、あまり長期にわたって服用していると、腸が薬に頼ってしまってだんだん自分では動かなくなってしまうのです。そうなると、飲む量を増やさないとだんだんお薬が効かなくなってくるという悪循環に陥ってしまいます。

無添加、天然チャガ100%【チャガティー ティーパック入 2個セット(30包×2)】純100%原料~健康食品の原料屋genryoya

ですから、食事改善とか運動とかで自然に便秘を解消する努力も同時に行ったほうがよいとお思います。やはり、あまり薬ばかりに頼りすぎるのはよくないということですね。

また、ストレスも便秘には大きく関係していますので、ハードワークを自覚している人は意識してくつろぐ時間を設けることが大切でしょうね。くつろぐことによって副交感神経が優位になりますので、結果として便秘解消にも有効なのです。こうしたことを考慮したうえで、便秘とは上手に付き合っていきたいですよね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 便秘薬 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク