便秘薬が効く仕組みとは?

皆さんは、便秘薬がどうして効くのか不思議に思ったことはありませんか?今までどうしても出なかった便が、便秘薬を飲んだら急におトイレに行きたくなったというのは、ある意味不思議です。一体、その時腸の中では何が起こっているのでしょうね。

それでは、腸の中で便秘薬が効く仕組みついて述べてみたいと思います。まず、便秘薬は主に潤滑性下剤と刺激性下剤の2つのタイプに分かれます。潤滑性下剤は、硬くなってしまい出にくくなった便の水分を補うことによって、柔らかくて出やすい便にする働きがあります。

水分が少なくなった便は、たとえ腸の働きが正常でも出にくい状態になってしまいますので、潤滑性下剤が有効というわけです。しかし、症状が慢性化している場合は腸の働き自体がかなり弱っていると思われますので、刺激性下剤によって腸の働き自体を活性化しなければなりません。

本来なら自然な排便作用の仕組みは、こういったお薬に頼らなくても腸の正常な働きによってなされているものです。やはり、肉食中心の食生活とか生活習慣の乱れや過剰なストレスによって、腸の自然な排便の仕組みが崩れてしまうのでしょうね。

私自身も短期の便秘は経験したことありますが、やはりその原因は過剰なストレスだったように思います。ストレスは腸だけでなく胃にも大きく影響しますよね。私の場合、最初に胃のほうに反応が起きます。

過剰なストレスにより、食欲がなくなったり胃が痛くなったりする危険信号を感じたら、腸の健康にも十分気をつけてくださいね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 便秘薬 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク