便秘薬のラキソベロンの適量はどのくらいなの?

便秘薬として病院から処方されるお薬にラキソベロンがありますが、その適量については不明瞭であるようです。ラキソベロンの働きは、弛緩性便秘に対して大腸の働きを活発化させることによって改善を促します。

錠剤や液体があり、どなたでも飲みやすいようになっているようです。効果を実感できるのは、最低でも7時間以上経たなければいけませんが、個人差はあるにしても大抵の方に効果的に作用するようです。

しかし、問題はその量にあるようで、特に液体のものは一体何滴飲んだらよいのか迷ってしまう人が多いようですね。ネットでのお悩み相談の回答例をみてみますと、15滴ぐらいが一般的のようです。でも、それでも効果がない人がいるようで、医師の許しがあれば1~2本までは大丈夫のようですね。

しかし、どのお薬でもそうですが、長期連用は避けるべきでしょう。体が薬に慣れてしまって効果がだんだんなくなってきますし、自力で便を出そうとする力が弱まってしまうため要注意です。ですので、便秘になったらまず食生活を変えることをおすすめします。食物繊維を多く含んだ食品を多く摂り、同時に腸の働きを良くするヨーグルトなどを毎日食べるようにすると良いと思います。

ラキソベロンは比較的飲みやすいお薬だと思いますが、お薬の力を過信せずに自然治癒力も信頼して体自体の力で治すように心がけることでしょうね。後は、ストレスは直接胃腸に影響しますので、もし便秘になったらストレス改善にも力を注いでみることだと思います。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 便秘薬 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク