便秘薬と整腸剤はどう飲み分ければいいの?

お腹の健康と便秘予防のために、普段から整腸剤を飲んでいる人は結構いるのではないかと思います。

私の友人も、お腹の調子を整えるために整腸剤を日常的に飲んでいるようです。
遺伝かストレスによって、日頃からお腹の働きが弱い人にとっては、こういったお薬がないと辛いようですね。

お腹の働きが弱ると体全体の免疫力も弱ってしまいますので、風邪を引きやすくなったり病気にかかりやすくなったりします。
また、あまり冷たい水ばかり飲んでしまうと、お腹を冷やして腸の働きが弱ってしまいますので要注意です。

整腸剤は善玉菌を増やしてくれますので、腸の働きを活発にして便秘予防に良いわけです。

しかし、それでも便秘になった場合は便秘薬に切り替えてみましょう。

便秘薬には色々な種類がありますが、大きく分けて2種類あります。
一つは、便自体を柔らかくして解消するタイプで、もう一つは腸に刺激を与えることによって腸の働きを活発にするタイプです。

どちらも一長一短ですが、どちらかといえば便を柔らかくするタイプのほうが良いようですね。

腸を刺激するタイプは急性の症状のときは適切ですが、長期連用になると腸本来の働きを弱めてしまうことになるようです。
ですから、便を柔らかくするタイプのお薬を飲みながら、整腸剤やお野菜などの食物繊維を多く含んだ食品を摂ることによって、腸の働きを自然に回復させていくのがベストだと思います。

また、日頃から十分な水分補給をすることを心がけることも大切ですね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 便秘薬 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク