便秘薬のビオフェルミンの効果とは?

便秘薬は色々あって、どれを飲んでいいのか迷ってしまいますよね。

便秘薬の働きは大きく分けて2種類あって、大腸を刺激して働きを活発にするものと、便自体を柔らかくすることによって排便しやすくなるものとがあります。
どのタイプを使うかは便秘の症状によって異なりますが、あまりこうしたお薬だけに頼ってしまうと腸自体の働きを弱めてしまうことになりますので、服用に際しては注意が必要でしょう。

これは例えれば、高価な栄養ドリンクはその時の疲労を取り去ってくれて元気にはなりますが、その元気は一時的なもので体に負担を与えるので常用は良くないということに似ています。
栄養ドリンクの効き目が切れたら、どっと疲れが来たという経験はありませんか?

さて、体質も考えて最適な便秘薬を選びたいところですが、重度の便秘以外の場合はビオフェルミンがおすすめです。

ビオフェルミンは、体にあまり負担をかけないお薬ですし、腸内の環境を無理なく整えてくれますので便秘予防のためにもおすすめなんです。
つまり、ビオフェルミンは腸に過剰な刺激を与えるのでなく、また便自体を柔らかくするといったものでもない薬であり、乳酸菌による自然な整腸効果が望めるお薬と言うことができます。

ですから、同時に食生活を整えたり適度な運動をしたりして、自然に便秘を解消するための努力をしながら服用するとよいと思います。

その他の刺激性の強い便秘薬は、効果が高い反面腹痛などが起きて辛く感じられることがありますので注意しましょう。
まずは、元気な明るい気持ちで毎日を過ごすことが、ストレスを緩和して便秘になりにくい体質を作るための基本だと思いますよ。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 便秘薬 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク