便秘薬の飲みすぎには要注意

ひどい便秘になったときは便秘薬を服用しますが、お薬だけに飲みすぎには要注意です。

お薬の効き方には個人差がありますので、人によっては所定量を服用してもなかなか思うような効果が現れないことがあります。
それで多めに服用したりすると、お薬の副作用がひどくなって辛い思いをしてしまうのです。

便秘薬の場合は水分を多く必要としますので、飲みすぎると脱水症状を引き起こすばかりか吐き気を催したりします。
また、排便の回数の関係から肛門にも良くありませんので、人によっては痔になってしまう場合も考えられるのです。

ですから、もしお薬でなかなか効果が出ない場合でも飲みすぎはやめて、食事の改善やツイスト運動などの腰周りの運動で自然な腸の働きを促すようにしたほうが良いでしょうね。

そして、便秘薬の飲みすぎはお薬自体の効き目を弱めてしまいますので、続けて飲んでいるとだんだん効かなくなってくるんですよ。
やはり、こういったお薬は本当に辛いとき以外はあまり飲まないほうが良さそうですね。

また、腸は栄養摂取のための大事な器官ですから、お薬の過剰摂取により腸の栄養摂取の自然な働きが乱れてしまうと、今度は栄養障害を心配しなければならなくなります。
やはり、腸の働きを自然に良くするための基本は、食物繊維を多く摂ることと、ヨーグルトなどのお腹の調子を整えてくれる食品を毎日しっかりと摂ることだと思いますね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 便秘薬 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク