便秘薬の成分の効き目の強さについて

薬局に行けば、沢山の便秘薬が売られていますよね。

便秘薬に含まれる成分の違いによって、便秘に対する働きかけの強さが違ってきます。
ですから、製品の名前だけでなくこうした有効成分の表記もしっかりと確認したうえで、自分にとって正しい便秘薬を選ぶ必要があるんですよ。

便秘薬は、大まかに分ければ便自体を柔らかくするタイプと大腸を刺激して活性化するタイプに分かれます。

この中で、薬の効き目の強さの違いに注意しなければならないのが、大腸を刺激して活性化するタイプになります。

大腸を刺激するタイプに含まれる有効成分は、センナ、ビサコジル、ピコスルファートなどがありますが、効き目の強さでいえばセンナが一番強力です
効き目が強いということは、それだけ副作用の強さも心配しなければなりません。

これに対して、便自体を柔らかくするタイプの服用については、大腸を刺激するタイプほど副作用の心配はないと思います。

大腸を刺激するタイプを服用するときというのは、もう何日も便秘が続いているような症状の重いときに限ったほうが良いでしょうね。
ちょっとした便秘の場合は、酸化マグネシウムやジオクチルソジウムスルホサクシネートを含んだ、あまり副作用の心配がない便自体を柔らかくするタイプを服用したほうが良いでしょう。

この点に十分気をつけて、一日も早く便秘を解消してくださいね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 便秘薬 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク