便秘を治すには、便秘薬をやめる

便秘に悩んでいる方ならば、便秘薬を使ったことのある方は多いのではないでしょうか?
便秘薬は常用していると、体が慣れてだんだん効果が薄れてきます。
便秘薬を服用するのがあまり良くないことは知っていても、便秘薬を服用しないと便がでない!
「便秘薬を服用したくないが、飲まないと出ないので便秘薬を服用している」状態におちいってしまいます。
便秘薬を常用している方は、便秘薬をやめる事が便秘解消への近道です。

では、どうやったら便秘薬をやめる事ができるのでしょう?
便秘薬の刺激に依存している腸を自然に働かせ、本来の機能に戻すにはどうしたらいいのでしょうか?
まず依存性がひどい場合は、お医者様の診断を受けることが良いでしょう。
お医者様の指示に従って、正しく治療していくことが便秘薬をやめる近道です。

今まで大量の便秘薬を服用し、強制的に排便を起こしていた腸の場合、急に便秘薬の服用をやめるとまた便秘になることが多い為、
なかなかさじ加減が難しいところです。
服用している便秘薬の量を少しずつ減らしていきつつ、便秘に良い食品(食物繊維・乳酸菌など)をたくさん摂り、自然に起こせる刺激を腸に与えていくことが、便秘薬をやめる基本でもあります。

さらに、便秘はあなたの生活習慣にもかかわっています。
できるだけ、朝に排便する習慣をつけましょう。
また、便意が来たら、我慢せずにトイレにいくことも大切です。
生活が不規則な方は、規則正しい生活リズムに変えていきましょう。

他には、天然ハーブのサプリメントを便秘薬の代わりに服用してみても、自然なお通じがきやすくなります。

以上、便秘薬をやめる参考にしてください!
きちんと自然に排便する力を付け、便秘解消しましょう!!

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 便秘薬 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク