便秘薬の種類と効き目

便秘薬とは一般的に、腸に溜まった硬い便を軟らかくして排泄を促したり、腸に刺激を与え蠕動運動を促す効き目を持つ薬を指します。
便秘薬は、効き目の強さにより「緩下薬(穏やかな効き目)」と「峻下薬(強い効き目)」に分かれます。
作用部位でみた場合ならば、「小腸性下剤」と「大腸性下剤」に分かれます。
さらに、効き目のしくみの側面から下記のように分けることができます。

塩類下剤
腸内に水分を留めることで、硬い便を軟らかくし腸を刺激して便意を引き起こします。
効き目がでるまで、比較的早く作用するのが特徴の便秘薬です。
酸化マグネシウム・硫酸ナトリウムなど

膨潤性下剤
食物繊維と同じような効き目があり、腸で水分を吸収して膨れ容積を増やし、腸に刺激を与え便意を引き起こします。
プランタゴ・オバタ種皮など

湿潤性下剤
界面活化効果で便の表面張力を低下させ、硬い便に水分を浸透させ軟らかくします。
しかし、この便秘薬は単体では効き目が弱いので、刺激性下剤と併用される場合が多いようです。
バルコゾルなど

刺激性下剤
大腸の腸壁を便秘薬の成分が直接刺激し、腸の蠕動運動を促します。
この便秘薬は効き目がとても強く、習慣性があるのが特徴です。
ビサコジル・センナなど

便秘薬には様々な効き目のものがあるので、自分にあったものを選びましょう。
そうしないと、きちんとした効き目を得られない場合があります。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 便秘薬 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク