便秘薬の長期・大量服用による副作用は?

慢性的に便秘に悩まされている場合、便秘薬を服用したことのある方も多いと思います。
確かに便秘薬は、市販でも購入でき便秘解消効果も簡単にでるので便利ですよね。
しかし、便秘薬には長期・大量服用による怖い副作用があることを知っていますか?

便秘薬は、長く使い続けたり、大量に使うと、大腸メラノーシスなど副作用の発生リスクも高まります。
便秘薬は長期にわたり服用し続けると、腸が便秘薬の刺激に慣れてしまい、便秘薬を服用しても効果が出づらくなります。
それでもさらに続けて服用すると、便秘薬を服用してもまったく効果が得られなくなってしまいます。
この状態まで悪化すると、さらに便秘薬を服用せずにいられなくなり、量を増やし大量に服用してしまうという悪循環に陥っていきます。

便秘薬を大量に服用した場合、激しい腹痛・吐き気・嘔吐・下痢などの症状を引き起こしたり・・・
長期続けたり、頻繁に大量に服用した場合、大腸メラノーシス(淡褐色から黒褐色に大腸の粘膜が変色し、働きまで低下してしまう怖い病気です)などの便秘以外の病気を発生してしまうリスクも高まります。

そうならないためにも、便秘薬への依存(長期・大量服用)はやめましょう。
便秘薬とは、きちんと便秘を治すものではなく、症状を一時的に緩和する対症療法です。

規則正しい生活習慣・食事の改善・適度な運動など・・・
自分にできる便秘解消法をしっかり行い、しっかり便秘解消しましょうね!!

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 便秘薬 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク